2010年10月01日

練習時の注意事項

練習に参加される方は、下記の規則に従っていただくよう、お願いいたします。

一般事項


乱取り(スパーリング)のルール
乱取り(スパーリング)は、基本的にはブラジリアン柔術のルールで行っています。
ただし、お互いの同意があればそれ以外のルールで練習をしても結構です。
怪我にはお互い十分注意して練習されてください。

道衣について


道衣はなんでも構いません(裸でも)。
但し、相手に怪我をさせる恐れのあるもの(金具・ボタンなど)が 着いているものは不可です。
初心者の方・体力に自信のない方はできるだけ柔道衣や柔術衣を着用して練習されることをお勧めします。
その方が上達が早いと思います。

拘束事項


他道場との重複入門は可能です。 但し、先方の許可を得て下さい。
他道場主催の試合に出場されるのも問題ありません。
練習に来られる前には、手足の爪を切っておいてください (2〜3日前に切るのがベストです)。
道衣は清潔かつ破損のないものを着用して下さい(破れていると、指などがひっかかった時など、怪我の危険があるので)。
コンディションは整えておいて下さい。体調・精神状態不良時は練習はご遠慮下さい。見学はもちろんOKです。
関節を「極めて伸ばし切る」ことは禁止します。 関節技をかけていて「一本取れる」と思ったら、技を解いて下さい。
極められた側に異議があれば、その体勢から攻防を再開するようにして下さい。

練習態度


基本的な礼儀を身につけていただいていれば、練習中に休んでも、しゃべっても、 水を飲んでも結構です。
自分のペースで練習をなさって下さい。


以上、「ねわざワールド」ホームページから引用(一部改変)。

(そら)
posted by そら at 23:59| Comment(0) | ねわざワールド阪神とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: